水分を保持するNMF(天然保湿素因)が十分存在する

NMFとはNatural Moisturizing Factor の略語で、皮膚に実質備わっている保湿成分の実態。天然保湿素因とも言い、角質層内で水分を保持する勤めがあり、NMFが不足すると角質層保湿組織が低下して乾燥肌に至る原因になります。

細胞間脂質が十分あり、すき間がない状態である

角質層の細胞と細胞のすき間をきちんと埋め、潤いを続ける勤めをやるのが「細胞間脂質」です。主成分はセラミド、遊離脂肪酸、コレステロールなど。外界から励み物体が参戦やるのを防いだり、水分が過剰に蒸散しないようにガードしていらっしゃる。

冒頭3つの規定が整う結果、肌はベストな階段を継続して保てるようになるのです。

整った角質層は規則正しい「ターンオーバー」から

肌のターンオーバーはアベレージ約28~56日。こういうリズムをまさに保つことが、美肌を育て上げるポイントです。

サイクルが短くなって、ハードル役です外見の細胞が剥がれてしまうと、十分なプロテクト力を欠ける未熟な細胞が外界に変わることになります。そうした細胞はやはり励みを防ぐことができないので、肌荒れや乾燥、ハードル組織の落ち込みが起こります。

過度のシャンプーはターンオーバーのサイクルを速くしてしまうので注意が必要です。

一方、サイクルが長くなると、剥がれるべき角質が外見に残る結果角質が分太くなり、肌は透明感を失い、くすんでいきます。

ターンオーバーが遅くなる原因は、寒冷や老化の別、UVなどの外部励みなどが原因の場合もあります。角質を柔らかくして適度にめくれ易くやるお手入れが必要です。HP